意外と知らいない、耳鳴りの本当の原因

耳鳴りの"不快な音"は、脳で作られているんです。

その名の通り「耳鳴りは耳で鳴っている」と思われる方は多いと思いますが、実は違うんです。

例えば、ラジオのアンテナが壊れて、電波が届かなくなってしまうと、ラジオは電波を探して"ザーザー"と音が鳴ります。

それと同じ様に、内耳の障害により音が正常に脳に届かなくなると、脳で雑音が生じてしまうんです。

それが"耳鳴り"と言われている現象です。

耳を通して脳へ伝わるべき音が、何らかの障害で入ってこなかった時、脳はその不足している音の情報を補おうとします。

すると脳は音の情報を拾う感度を上げようとし、その際に耳鳴りの雑音が出てしまうのです。

耳鳴りに悩むほとんどの方が難聴です

耳鳴りと難聴との関係をみると、難聴の約50%が耳鳴りを訴え、逆に耳鳴りがある方の約90%に何らかの難聴がみられます。

慶応義塾大学病院 医療・健康情報サイト KOMPASより引用

つまり、耳鳴りに悩まされている方は難聴である可能性が高いのです。

必要な音が聞こえないので、必死に脳が頑張り過ぎているのです。

耳鳴りを解決する為には、脳が必要としている音の情報を伝えてあげることが大切です。

その為に役立つのが補聴器です。

補聴器で必要な音を補うと、耳鳴りの改善を期待できます。

その耳鳴り、放置しないでください!

耳鳴りには主に3種類あります。

・誰にでも起こり得る「生理的な耳鳴り」

防音室のような音の無い空間に入った時や、夜に周囲が静かな時など全く音のない環境で、シーンとした音が聞こえてくるタイプです。

全く音のない環境に鼓膜が緊張している状態です。

誰にでも起こり得る耳鳴りなので、大きな心配は必要ありません。

・他覚的耳鳴り(たかくてきじめい)

耳まわりの筋肉が痙攣を起こしていたり、周辺の血管が狭くなっていたりすると起こる耳鳴りです。

筋肉の痙攣や血管の脈打ちが「コツコツ」や「プツプツ」と言ったような耳鳴りで現れます。

耳鳴りの中では最も少ないタイプの耳鳴りで、耳鳴りの原因となる音“ノイズ源”を聴診器を耳の周辺に当てるなどで他人も聞くことができます。

・自覚的耳鳴り自覚的耳鳴(じかくてきじめい)

キーンという金属音のような音が特徴で、原因となる“ノイズ源”があるわけではなく、本人以外はその音を聞くことはできないタイプの耳鳴りです。一般的に「耳鳴り」と言われるものは、ほとんどがこれです。

前述したように、脳に必要な音の情報が届いていない時に起こる耳鳴りです。

大音量の環境にいた時など、すぐに消える一時的な耳鳴りも(急性耳鳴り)もありますが、慢性的な耳鳴りの場合、音を聞くための身体の機能のどこかに原因があり、病気やストレスなど、体の不調から生じることがほとんどであるといわれています。

実は大きな病気が隠れていることも!?耳鳴りを感じたら、まずは医師に相談を。

早めに対処を!耳鳴りの原因となる病気

 ・突発性難聴

突然、片方の耳に激しい耳鳴りと難聴が起こる病気です。安静にしていて自然によくなる場合もありますが、症状が重い場合は入院治療が必要になります。

早期に治療を開始するほど聴力が改善しやすいため、遅くても発症から2週間以内に治療を開始することが望ましいとされています。

・感音性難聴(老人性難聴、騒音性難聴など)

内耳や神経の老化によって起こる老人性難聴や、長く騒音の中にいるためにおこる騒音性難聴があります。

・耳硬化症

中耳や内耳の骨(主にアブミ骨)に異常が生じ、音の振動が内耳に伝わらなくなる病気です。

その他にも、様々な病気が原因で耳鳴りになる可能性があります。

耳管狭窄症、急性中耳炎、滲出性中耳炎、慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎、メニエール病、聴神経腫瘍…etc

上記を見ても分かるように、やはり耳鳴りと難聴は密接な関係がある事がわかりますね。

誰でもいずれは訪れる!?老人性難聴

難聴の中でも、最も多いのが加齢によって起こる「老人性難聴」です。

老人性難聴とは、内耳の蝸牛と呼ばれる部分の機能が加齢によって衰えて、だんだんと高い音が聞きとりにくくなる難聴です。

だいたいの場合は、脳が「高い音を聞き取ろう!」として、センサーを過敏にするため、高音の耳鳴りを感じることが多いのです。

ご高齢の方にとって耳鳴りは、身近な悩みという事なんです。

耳鳴りには、補聴器で聴覚をサポートすることが有効です!

耳鳴りの治療の場合、耳鳴りの原因を治す原因療法と、耳鳴りの辛さを軽くする対症療法があります。

基本的には、まず難聴の治療を行いますが、ほとんどの耳鳴りの場合は回復が難しい慢性感音難聴によるものです。

その場合、補聴器などで聴く力をサポートすることにより、耳鳴りの改善を図るという対処療法も、非常に効果的と言われています。原因が難聴であるとわかっている場合は、「自分に合った補聴器」を選ぶことが効果的な耳鳴り改善策なんです。

自分に合った補聴器を選ぶのは大変なことです

「耳鳴りには補聴器が良いらしい!」と分かっても、初めての補聴器選びには戸惑いますよね。

そもそも補聴器ってどこで買うのでしょうか?調べてみると驚くと思いますが、補聴器のメーカーだけでもたくさんあります。

しかも補聴器って決してお安い物ではありませんよね。いくらお医者様の勧めでも、オーダーメードの40~50万円もする補聴器は、勇気のいるお買い物です。

興味を持ったけれど種類や値段、自分に合ったものってどうやって選んだらいいの??

という疑問や不安を感じ、購入を躊躇される方も多いのではないでしょうか?

補聴器選びに不安を感じたら、こちらの記事も参考にしてください。

【補聴器の買い方マニュアル】オーダーメイド補聴器と通販補聴器の違い

耳鳴り対策にオススメの補聴器

耳鳴りを解決する為には、聴こえづらい音を補う必要があります。

しかし、聴こえづらい音は人それぞれ違いがあるのです。

つまり、欠けている音の情報をピンポイントで補うためには、補聴器側で細やかな調整を行わなければなりません。

耳鳴りの改善の為には、補聴器側に調整機能があると非常に便利です。

音域調整が手元で簡単に調整できる「ミミー補聴器ME-143」

音域調整が手元で簡単に調整できる「ミミー補聴器ME-143」

耳鳴りの緩和に便利な機能を搭載!耳鳴りが治まれば聴こえも改善されます

補聴器で耳鳴りの緩和が出来ると言われていますが、脳が認識していない音域の音をしっかりと届けなければ耳鳴りの改善へ繋がりません。ミミー電子の「ミミー補聴器ME-143」は、手元で聴き取りたい音域を簡単に調整できる、今までにない補聴器です。この補聴器を使って脳のリハビリを行う事により、少しずつ耳鳴りは緩和されていくはずです。

通販天国で補聴器を申し込むと特典が付きます!

補聴器は一生モノではありません

補聴器選びにおいて、一つ忘れてはならないことがあります。

それは「補聴器は一生モノではない!」ということ。

現在の補聴器は精巧に作られ、調整の幅も広がって、とても高性能のものが増えてきているのは事実です。

しかし、難聴は徐々に進行するケースが多いものです。

ずっと同じ補聴器が使い続けられるとは限りません。

難聴の進行に合わせ、補聴器も新調しなくてはならないかもしれないのです。

高額な補聴器を買えば全てが元通りに戻るわけではありません。

通販天国のショールームに来店された方で「オーダーメイドの物よりも、通販で買った3分の1の価格の物のほうが私には合っていた」と言う方もいらっしゃいます。

その様な方が多いというのは、私たちのような通販補聴器店では、わりと有名な「あるある話」です。

しかし、通販の補聴器が耳に合うかどうか、それも出たとこ勝負ですよね。

一番良いのは、使用後も返品ができるお店で買うことです。

使ってみて、合う合わないを体感できれば、それが一番ですよね。

しかしながら、補聴器は耳に直接触れるため、衛生的にも返品させてくれるお店が少ないのも事実です。

メーカーから直接買うよりも、選べる種類が豊富な通販の利用は、サイトによっては独自の保証期間やサービスを設けていることもあり、実は補聴器ビギナーにはおすすめな購入法です。

ただし!くれぐれも合わなかったときに返品に応じてくれる通販サイトで購入することをお忘れなく!

通販天国では、全補聴器が使用後も8日間返品可能です。

購入される際には、通販天国をお気軽にご利用ください。

電話での補聴器に関するご相談もお受け致します。

耳鳴りは放置しないでください

耳鳴りは大変なストレスとなりますし、生活に支障をきたす事も多くあります。

何日も続く耳鳴りを感じたら…まずはお医者様にご相談を!

病院に行くことで、潜んでいた病気に気が付くことができるかもしれません。

また、補聴器を使うことにより、ずっと悩んできた耳鳴りが驚くほど簡単に改善するかもしれません。

早めに補聴器を試してみる事も、耳鳴り対策としてとても有効なことなのです。

通販天国では補聴器・集音器を各種ご用意しております。